歯科用CT撮影装置のご紹介

当院では平成23年8月8日より歯科用CT撮影装置を導入しました。
従来の歯科用レントゲン装置では平面的にしか
撮影できなかった状態を、
立体的に細部にわたり撮影が可能になりました。

精密な診断が可能になり、より安全・確実で
予知性の高いインプラント
を行うことが
できるようになりました。

最近では、歯科治療においてもCT撮影による
立体的な画像診断の重要性が高まってきています。
歯周病治療、歯根の治療などにも有効的です。

また当院の装置は被爆線量も低く、
安心して撮影していただけます。



歯科用CT撮影装置のメリット
歯科用CT撮影装置を使うことにより、従来のX線ではできなかった360度方向からの確認ができます。歯や骨の状態、血管・神経の位置などを立体的に見ることができますので、より安全で確実なインプラント治療を行うことができます。

インプラント治療では、インプラント体を歯肉に埋め込みますが、埋め込む場所・角度というものがたいへん重要になってきます。CT撮影装置を使うことにより、その埋め込む場所や角度がより正確に把握できるうえ、血管や神経の位置もより正確に分かるのです。

インプラント治療にかぎらず、虫歯治療や歯周病治療などの歯科診療等でも、より安全に、より正確に治療するうえで有効的な撮影装置です。






ホワイトニングについて詳しくは専用サイトへ
インプラントについて詳しくは専用サイトへ